読者に読んでもらえる記事タイトルをつける3つのコツ

NO IMAGE

最近はアフィリエイトブログなど、ブログで副業している人も多いですよね。誰もがスマホを持つようになり、簡単に情報検索できるようになったからこそ、ブログの需要が高まっています。
人に読んでもらうブログを書くときには、なんといってもタイトルが重要です。ここでは、人に読んでもらうためのタイトルをつけるコツを紹介します。

何といっても、タイトルにはキーワードを入れなければいけません。そしてキーワードを入れるときには、タイトルの左寄せにしていきます。タイトルのどこにでもキーワードを入れれば良いわけではなく、できるだけ最初にキーワードを入れることがポイントです。
例えば、「ダイエット、3ヶ月、成功」のキーワードにするなら、「どうやったら3ヶ月でダイエットに成功できるか」ではなく、「ダイエットに3ヶ月で成功する方法」の方が良いでしょう。

また、タイトルをつけるときには他のブログとの違いを明確にすることがポイントです。
Google検索ランキングなどでは、オリジナリティーが重視されます。既に存在している記事と同じものを書いても、検索結果でトップには上がりません。
たとえ検索結果のトップに来ている記事と同じような記事を書いても意味は無いのです。

例えば、「ダイエットに3ヶ月で成功する方法」を検索した結果、1位から3位に表示されているブログ記事にダイエットの方法が書かれていたとしましょう。
どうやったら3ヶ月で減量できるのか、どのような骨があるのか、などについて書かれていたら、自分のブログでは「何をしたらいけないのか」「何を避けるべきなのか」など、他のブログとは違う見方で記事を書いていきます。
逆の見方をすれば良いとも言えるでしょう。
つまり、検索トップに表示されるブログに「ダイエットに3ヶ月で成功する方法」などというタイトルが付けられているなら、「3ヶ月ダイエットに成功するためにしてはいけないこと」など、逆の視点でタイトルをつけると良いです。

読者の悩みがタイトルだけで解決されてしまうようなタイトルも良いでしょう。
疑問形でタイトルを書く人が多く、「読者が疑問に思っていることをタイトルにする」などと考えている人も多いですが、例えば「8時間ダイエット!3ヶ月で痩せる方法」など、タイトルを見ただけで読者が「何について書かれた記事なのか」わかるようにすることで、読者を増やすことができます。
このタイトルなら、8時間ダイエットについて書かれていることがわかります。これにより、読者の関心を惹きつけるのです。

疑問だけをタイトルにするとそもそも何について書かれているのか分からないので、読者の注意をそこまで惹きつけることができません。
しかし、何について書かれているのか、タイトルだけで読者の悩みをある程度解決できると、より多くの読者に読んでもらえるようになります。